スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カラフル
2007/08/28(Tue)
な夏の野菜たちが、そろそろ終わる季節がやってきた。
黄色や赤や、紫や緑…
そして、色々な形のカラフルな野菜たちは、
見ているだけで愛らしくなてくる。

見るだけで、笑顔
触ってみて、笑顔
嗅いで見み、笑顔
食べてみて、笑顔
そして
身体全体で、笑顔

オーガニックの元気な野菜たちの
エネルギーいっぱいのいのちをそのまま美味しくいただけることって、
とってもステキなことだし、とっても幸せなことですよね。
野菜たちに笑顔を貰って、そして、その野菜たちによってもっともっと笑顔を増やしたいと、
aSuka Girls は今日も野菜たちと仲良く戯れています。(^-^)/

そうそう、今朝は、福島の友人から、お祝いのオーガニック自然農法の野菜セットが届きました☆
すっごく甘いズッキーニに、とってもネバネバの強いオクラやモロヘイヤが箱いっぱいに。見るだけですごく元気なのが分かりますが、包丁を入れた時の感覚が『ぉおっっ!!!』っと思うくらいでした。
包丁を入れたところが、弾けるような感じです。畑で箱詰めしてくださったのでは!?と思わせるくらいでした。
トモツグさん、そして、トモツグさんのご友人の農家さん、
たくさんの笑顔をaSukaのキッチンに届けてくださり、ありがとうございました!!!

20070828220947.jpg

20070828220934.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
ふるさと
2007/08/22(Wed)


IMG_0324.jpg



私の生まれ故郷、福島の山から秋の花が届きました。
まだ猛暑の続く東京に居ても、山の夏の終わりの爽やかな風の匂い感じさせてくれます。
懐かしいふるさとの草の香りに癒され、つい微笑んでしまいました。

ワレモコウは、上品な葡萄色で母の好きな花
野あざみは、会ったことのない祖父が大好きだったと、祖母が教えてくれた。
女郎花は、秋の野原に優しい黄色をさしてくれる、私の好きな花…

幼かった頃、お花を摘むことが大好きだった私は、
それぞれの季節、それぞれの植物、その植物が生える場所に思い出があって、
一束のお花に、いくつもの思い出に連れて帰られ、
心安らぎ、微笑まされた今日の日でした。

aSukaの大きなテーブルに飾ってあります!
山の野花に微笑みかけられながら、
コーヒーなどで、ホッとされてみてはいかがですか?



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
1日に何回
2007/08/17(Fri)


『暑い…』というコトバをため息交じりに発していますか?
冷房の効いた室内から、外を見ては、「暑いね、今日も…」と口を揃える。

毎年のように最高気温を記録し続け、
氷河は姿を消し、空には、オゾンホールが現れ…
小さかった時、うるさくて眠れなかったくらいのカエルの声も
最近は聞かないし、ビーチに行っても、日光で温まった砂は熱過ぎて裸足では歩けない。

人間が外を出歩けなくなる夏もそうそう遠くは無いような気さえしてくる…
「暖化も地球の歴史の1こまに過ぎない…」とか、
「異常気象も、たった数人の小さな努力ではどうにもならないよ。」
とか、「どうせいつかは、死んでしまうのだから…」

そんな、悲しいコトバも沢山聴くし、
私だってそう思いそうになることもある。
でも、自然に囲まれて育ったから、
どうしても木や花のないところで自分の子供や孫が
産まれ、生きていくのかと思うと、
想像もつかないそんな世界に恐怖を覚えてしまう。
野花を見て微笑み、木の間を通る風の音を知って欲しいと思ってしまう。

温暖化だけではなく、沢山の問題を抱えた地球、私達。
悲しいコトバを口にすることは簡単だけれど、
でも、本当にそれでいいの?って思ってしまう。
たった一人でも、何かできると思うことがあれば、今日からしたい。

あなたは、この地球で、社会で、どのように生きて、
どこへ向かいますか?
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
aSuka's Coffee
2007/08/09(Thu)
aSukaのコーヒーは、アスカの故郷でもあるオーストラリアのニューサウスウェルズ州で取れたオーガニックのコーヒー豆を使用しています。
オーストラリアの大地で育ったコーヒーは、他と比べて自然とカフェインが低く、口当たりも優しい香り豊かなコーヒーです。

オーストラリアのトップバリスタの1人、ジェナロが1カップずつ心を込めてお入れします。
水面に描かれる美しいラテアートや、オリジナルのチャイラテ。(チャイとコーヒーのハーフハーフ)ソイアイスクリームに濃厚なエスプレッソをかけていただくリッチなアフォガートなど、沢山のオリジナルメニューをそろえています。

aSukaでは、豆選びから、焙煎方法、管理方法、そして、コーヒーの入れ方まで、すべてのプロセスにこだわりを持ってお出ししています。
お店では、オーダーをいただいてから1杯づつ豆を挽いていますので、溜めたコーヒーを注ぐだけよりも、多少お時間をいただきます。それも、挽かれた豆の香りと雑味のないコーヒーアロマの味が生きているうちにお客さままでお運びするためです。
コーヒーの苦手な方からも、「コーヒーは好きなのですが、いつも飲んだ後に気分が良くないのです…。でも、aSukaのコーヒーは飲んだ後もとっても気分がいい☆」など、嬉しいお声もいただいています。

飲みなれたスタイルやお味と違った本物のコーヒー、バリスタジェナロがこだわりにこだわった美しい1杯のコーヒーは、まさにa CUP of JOY!ぜひ、お試しあれ。 20070809213801.jpg

20070809213740.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
8月8日aSuka丼
2007/08/08(Wed)
本日8月8日のaSuka丼は、
友人の友人である、鈴木さんからいただいたオーガニックのそうめん南瓜のサラダ丼でした☆
暑い夏に、重いものは・・・と思っても、しっかり食べなきゃ、この東京の夏は越せません!
サラダ丼なら、玄米と元気いっぱいの生野菜をたっぷりと食べれてしまいます。
アスカの梅干ベースのオリジナルドレッシング。
しっかりだけど、爽やかな口当たりです。

明日のaSuka丼は・・・
夏野菜が豊富な今だけ美味しい夏野菜のカレーにしようと思います。

20070808203227.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
aSukaのスイーツ
2007/08/06(Mon)
昨日に続き、今日はスイーツについて少しお話します。
スイーツに使用する食材も全て植物性です。
卵や牛乳はもちろん、バターやチーズの加工品、また、白砂糖や化学香料等も一切使用せず、
天然の甘味料やオーガニック国産小麦、お野菜やハーブのみで作っています。
甘味料は、メープルシロップや甜菜糖、柔らかい甘みの玄米米飴を使っています。
紅花油やナッツ、お野菜や果物、お豆腐や穀物もフンダンに使っています。
それぞれの特徴を上手く使ってケーキやマフィンを中心にaSukaのパティシエだけのオリジナルスイーツをそろえています。
乳製品や刺激の強い甘味に弱い人、お子様でも安心して召し上がっていただけます。
また、スイーツを食べたいけれど、ケーキ一切れのカロリーがちょっと気になって…という方にもお薦めです。


20070808181226.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。