スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
HAPPY HALLOWEEN!!!
2007/10/31(Wed)
ということで、仮装してみました★

20071031221332.jpg


この二人はちょっと子悪魔的にツノがポイント。でも、笑顔はいつものままです!


20071031221413.jpg


こちらは、ハロウィン用に焼いたジャコウランタンのクッキー♪


20071031221319.jpg


そして、こちらは、コーヒーをいれているときは、何を言っても彼の耳には届かないくらい集中して、こころ・・・というよりは、魂込めてコーヒーをいれている(今日だけ)ちょっとマジシャン的なバリスタです♪

20071031221402.jpg


そして、今からもうクリスマスのキャスティングに悩み、盛り上がっているアスカでした☆



いつか、アスカで、仮装パーティーなんかも計画しないな。
というくらい楽しいこと好き、お祭り好きな私たちです。(^-^)
週末にいろいろなイベントに出かけられた方も多いのではないでしょうか。皆様はどんなハロウィンを過ごされましたか? 

20071102143801.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
Hallo Ween 
2007/10/26(Fri)
20071026011352.jpg


10月の言えば、HALLO WEEN !!! ですよね(^-^)/

アスカでは、10月31日までの間、コーヒーか紅茶(ハーブティー)をご注文された方に、ハローウィンのスペシャルクッキーをサービスさせていただきます★☆★

そして、10月31日(水)は、スタッフ全員仮装して、お待ちしております。
普段は白のトップにストライプのサロンで爽やかなユニフォームですが、この日は・・・!? |(^o^)|

Trick or Treat♪ (お菓子くれなきゃ、イタズラしちゃうぞ。)
悪質なイタズラは良くありませんが、愛嬌のあるちょっとしたイタズラなら・・・笑
なんて
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
コース料理のぞき見★
2007/10/25(Thu)
今日は、Asukaのコース料理をちょこっと覗き見していただけたらと思い、一部、写真に撮ってみました。
9月から始めたコース料理、毎回とても楽しく作らせて頂いています。
今週も毎晩のようにコースのご予約いただいていて、毎日ワクワクさせていただいています。
(^-^)

20071025152652.jpg

1)ビーツ豆腐 ビーツの独特な甘みと香りに、シャープな生姜だしと三つ葉を添えて

20071025152728.jpg

2)石川特産の練乳金時薩摩芋の茶巾 マンゴーソース添え・ビーツのバラ・カブの蒸し煮はりんご酢で煮た優しい甘さ


20071025152843.jpg

3)サラダは、新鮮な野菜を切りたてで、梅とガーリックベースのオリジナルドレッシングで和えて、米麹の天然酵母パンで作ったクルトンを飾って

20071025153350.jpg

4)キャベツと押し麦のスープ 肉厚で甘いキャベツと色鮮やかなレッドキャベツで、シンプルに優しいスープ。和とも洋とも言えないハーモニー♪

20071025152959.jpg

5)メインには、今が旬のレンコンを贅沢に使ったレンコンボールのハーブ味噌のソース添えと、香味野菜の風味豊かなから揚げ。甘みを大事にした人参の蒸し焼きと、コクのあるしめじのバルサミコ焼き、素焼きに自然塩だけのしし唐でメリハリをつけて

20071025153020.jpg

6)ペンネ にんにくで香り付けした上質のオリーブオイルで、トマトの甘みと春菊のアクを上手にマッチさせると、驚くほどのコクが生まれます


そして、写真にはないけれど、先日ブログに載せたアップルパイのスペシャルバージョン★
りんごと梨の両方が入ったリッチなパイにアイスクリームを添えて、マンゴーソースで飾りました。 
*そして、もちろんバリスタが淹れる味わい深いコーヒーは、Asukaでしか飲めないオーガニックのオリジナルブレンド!ソイやディカフェもご用意してあります。

栗が届けば、栗のクリームソースのペンネだったり、北海道から届いた玉ねぎは、生でもとっても甘かったので、ドレッシングにしたら、たまらない♪幸せを届けてくれたり。
寒い日には、温まるように根菜や穀物をフンダンに取り入れたり・・・

レシピやルールの無いアスカのキッチンからは、今日もまた食材との会話や、インスピレーションから、次々と新しい作品が生まれています。
それも、1人では成し得ないのもで、食材と、スタッフと、そしてお客様とのコミュニケーションから生み出されるもので、とてもエキサイティングで、クリエイティブな時間を頂ける私はなんて幸せ者なんだろう! と気付き、また、嬉しくなってしまった夜でした。(^-^)

日々、繰り返すように見える毎日でも、いつも違う発見や驚きがあり、その時にだけ輝く感情が生まれ、幸せだなっ!って思える瞬間があるんですね。悲しいな。って感じることもあるけど、だから嬉しいと思える心が育つんだと思います。
そして、なにより、それらを感じられる私はホントに恵まれているし、『感謝』の一言です。

・・・コース料理について書くつもりが、また話が反れてしまいました。。。(^-^;)





この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
APPLE PIE★
2007/10/20(Sat)
20071020233209.jpg


APPLE PIE...

アップルパイ。

最近のアスカの人気者は、このアップルパイ★
りんごが出始めて最近はいつもこのアップルパイがショーケースを飾っています。

お砂糖はもちろんですが、甜菜糖やメープルシロップなどの甘味料も一切使わないで作ってあるんです!つまり、りんごの甘さだけ。
優しい甘さと、オーガニックのりんごを皮ごと煮るから、とっても香りがいい♪

*冷たいままでも、温めて横にアイスクリームを添えて食べてもおしゃれです。

また、バターを使わないのに、パイ生地が層になっていて、『どうして?!』というお声を沢山いただきます。 (^-^)
うちのパティシエが編み出した極秘技です。 笑
全粒粉の香ばしい香りとりんごの甘酸っぱさがベストマッチです!!! 

乳製品を一切使わないスイーツは、水分や糖分のバランスがとっても難しい。使用する野菜や果物が少し違うだけでも、大きな違いが生まれる。同じレシピでも全く同じ味を再現するのは、至難の業です。
でも、料理もスイーツも、その時のベストで、美味しければよしっ!
が、アスカの基準。(作る料理に美味しい以外に求めるものは無いのだから・・・)同じ材料で、同じように調理すれば、それが全く同じように再現される。というのは、アスカのキッチンでは迷信で、その時に美味しいものは、その時しか有効じゃないし、同じように作って、違ったものが出来ても当たり前。ただ、それがその時のベストで美味しければオールオーケー。
『美味しければいい!』『美しければいい!』そして、もちろん『身体によければ、それもいいでしょ★』

とてもシンプルなコンセプトを元に、レシピの無いキッチンは今日も食材と向き合い、様子を伺いながら真剣に、でも楽しく創作活動に励んでおります。


余談になりますが、皆さん、“わかったさん”や“こまったさん”はご存知ですか? 
私が1人で字を読めるようになった頃、大好きで読んでいた本です。
次の号が出るのが待ちどうしくて、何度も読んだ覚えがあります。
『冒険』『料理』この頃から、私の興味は変わっていないようです。(^-^)
私の料理のルーツは、冒険やチャレンジで、今もそうのような気がします。
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
雨の日
2007/10/19(Fri)
20071019234243.jpg


20071019234226.jpg




雨に濡れた緑がどれだけ美しいか、知っていますか?
雨が頬に当たるとき、「生きてるな。」って感じたことはありませんか?
雨が降ると喜びの声をあげるカエルたちの姿をどれくらい見かけますか?

雨が川になり、田や畑を潤し、それによって、食物が育ち私達の食卓にあがる。
水不足という言葉がニュースでも当たり前に聞かれるようになったのはいつからでしょうか?

雨の降る日、ちょこっと気分が落ち込んだり、冴えなかったり・・・
でも、雨が空気中のホコリも洗い流してくれている。

私たちの生活は水がなくしては成り立たない。

雨は地球の血液なのではないでしょうか。

店の看板を運び込む際に、雨に濡れて「冷たィっ!」と思いながら、
雨の美しさ、素晴らしさ、そして尊さを少し感じ、感謝した今日でした。 (^-^)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
うちのバリスタ
2007/10/17(Wed)
お久しぶりです。

だんだん秋の空模様になってきな♪
風が爽やかになってきたな♪

とおもっているうちにみるみる寒くなって、
今日なんか、トレンチコートを着てみちゃいました。
季節の移り変わりは速いものですね。

さてさて、今日はちょっと余談にはなりますが、
私の兄弟でもある(のような)ジェナロがオーストラリアに帰ってしまってから、
指導を受けた二人のバリスタがアスカに来てくれています。
また、新しい仲間が増え、さらに活気づいた感じです。(^-^)

その1人と話をしていたのですが、
「アスカで働くようになってから、身体が軽い♪」
と言っていて、
「お通じがよくなった?」 
って聞いたら、
「いや、それだけじゃなくて、なんか元気!」
って。嬉しいことです。

うちのマカナイパワーです。
美味しい玄米ご飯と本物のお味噌を使ったみそ汁の力!? 

お客様はもちろんですが、働く仲間たちが健康になっていったり、
女性なら、きれいになっていったりするさまを見ながら、
それだけでも十分に私がここでこうしている価値 “大いに”有りじゃない! (^-^)v
と思って、つい嬉しくなってしまった瞬間でした。 SMILE.

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
スタンプカード★
2007/10/05(Fri)
20071005214245.jpg



aSukaのスタンプカードをご存知ですか? 
名刺サイズのカードで¥1000にワンスタンプ。
スタンプ30個が溜まると、ケーキセットをサービスさせていただいています。

最近、1枚目のカードのスタンプが全部溜まり、2枚目を溜めて、誰かと一緒にケーキセットを。
というお客様が何名もいらっしゃいます。

まだオープンして3ヶ月目に入ったばかりですが、
いつも通ってきてくださる方々のお顔も覚え、お名前もだんだんスタッフ全員覚えられるようになり、益々楽しくなってきています。
aSukaのスタッフの最近の日課は、以前紹介させてもらった、お向かいのリンちゃんに挨拶をすること。(もちろん、お米やさんのお父さんにも♪) 
それに、毎日通りかかる方に手を振ること、小学生に挨拶すること。
週に何度も来てくれるお兄さんを待っていること。
などなど、ご近所、お客様のお陰で、益々忙しく楽しく過ごさせていただいています。
ありがとうございます! 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
2007/10/03(Wed)
最近のブログは、ちょっと余談が続きましたので、今日は真面目に(?!)ちょっと調味料の話をしてみようと思います。 (^-^)

基本調味料の中でも最も大切と言ってもいいお塩。
『調味料』と呼ばれているだけに、素材に味を付けるのが彼らの役目ですが、それと同時に、素材が持つ性格(味や香り・食感)を殺すも生かすもお塩にかかってくると思います。
同じ材料を使い、同じように調理したものでも、お塩が違うだけで、全く違ったものになります。
私が慣れないキッチンで料理するときに一番気になるのがお塩です。
野菜がオーガニックか、どこのものか、という前にお塩です。
使い慣れていないお塩だと、いつもの感覚でお料理しても全く予想外の出来上がりに・・・
お塩を使う量だったり、入れるタイミングだったり、入れ方だったりはもちろん何をどんな風に料理したいかで変わってきますが、それらを操ることで様々なマジックを見せてくれるお塩。
今日は、アスカがaSukaで使わせていただいている自然海塩“うみのかほり”について少しお話させてください。

“うみのかほり”は、伊豆大島の深層海水100%から、ゆっくり、じっくり心をこめて作られた塩の結晶です。ほかの塩とは歴然と違うこの独特なまろやかな味わい、豊かな美味しさは、主にこんな2つの理由からなっています。
①原料の海水が深層海水であるということ!
深層海水は、地下220mから特別にくみ上げた海水で、不純物が少なく、清浄でミネラル分が豊富です。
②結晶させる時間を十二分にかけているということ!
自然の力、太陽熱と風を使って深層海水を結晶させてゆく。ゆっくりとした自然の力が塩の結晶の粒を少しずつ大きくさせることによって、その過程でミネラル分を適度に含んだ、甘みのあるまろやかな塩へと成長してゆきます。
というように自然の恵みを自然の力によって結晶を作るという、聞いただけでも美しいお塩なのです。

そして、さらにお話を聞くと、もう1つ“うみのかおり”がマジカルな秘密が。
それは、納得できる時間をかけられるよう、様々な思考錯誤の末に道具は全て手作りということ。
手間とひまを惜しむことなく時間をかけて阪本代表が1人で作られます。なので、生産量は多くないのですが、
健康な暮らしの基礎となる塩の品質を守り、その大切さを伝えていきたい!というその強い想いが塩作りの原動力となっているそうです。阪本代表自らも穀物菜食を実践しながら、塩を作り続けて30年になるそうです。
今もなお、新しい発見に導かれ、塩の奥深さに魅了される日々を送られているとか。

“しほ”の話・・・
伊豆大島は火山の島。そこにある三減山は「御神火(ごじんか)」と呼ばれる信仰の山です。
地中のマグマが噴出し、そのマグマが冷えて固まった玄武岩を、二百数十メートル掘り下げて汲出している深層海水は、玄武岩を天然の濾過層として、“火”のエネルギーを吸収した母なる海“水”です。
“火”と“水”のエネルギーが合わさるとき、それはまた“カ”“ミ”とも言い表されてきたそうです。
そして、古の神話では、塩の神は、「塩椎の神」とされていました。この神は、陰(水)と陽(火)とを津波岐合(つなぎあわ)せて一切を創造する“生(う)みの根底(そこ)”の神でした。“火”と“水”のエネルギーが合わさった塩を“ 20071003200653.jpg

”と書き記し、“しほ”と言ったことからこの塩の名称とされたそうです。





この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。